今年の七夕は曇り。。。
乙姫様と彦星様は天の川で会うことができたのでしょうか!?
私が子供のころは、日本の季節の行事のたびに、小学校の朝の全校集会でお祝いをしましたが、
娘の通っている学校では特に催してないそうです。
放課後、お友達が来たのでふたりで七夕の笹飾りを作っていました。
娘の短冊の願い事をみてみると…
①おり姫様と彦星様があえますように!
②ピアノが上手になりますように!
③通訳と女優さんになれますように!
④お金持ちになれますように!
と、書かれていました。

その中でも④に私は驚きと、さすがパパの血(台湾の!!)をひいているな…と感じずにはいられませんでした。
何かの本で、台湾の芸能人は今年の目標を聞かれると「今年は●●元稼ぎたいです」等、「たくさん稼ぎたいです」的な
ことを堂々と発言すると聞いています(本当ですか?)
日本ではお金の話をすることはタブーとされているので、芸能人がお金の事ましてや自分の稼ぎについて口にすることはありません。
また、一般人でも「あなたの旦那さんの給料いくら?」「家賃は?」等ごく自然に天気の話をするような感じで
お金に関する質問が台湾ではされますが、日本ではよっぽど親しくない限りなかなか聞けるないのです。
学生時代からの親友にでさえ稼ぎを聞いたこともないし、聞かれたことがありません。。。
なので、子供が短冊に『お金の願い』を書くこと自体、ありえないのです。
高学年の男の子がふざけて書くことはあっても、一年生の純粋な子供が書くのは本当に珍しいと思います。
面白いな…と思いました。

7月7號是日本的七夕

是國曆7月7號喔

日本現在沒有過農曆

以前從中國流傳過來的民俗節日

日子不變,只是改成在國曆過

日本的七夕會做像照片中的竹子許願樹

然後把自己的心願寫在紙片理後掛在竹葉上

 

女兒小麻煩寫的四個心願是

一.牛郎和織女可以相會

二.鋼琴能夠彈的很好

三.可以成為口譯家和女明星

四.可以成為大富翁

希望牛郎和織女不是異國婚姻才好

不然台灣是過農曆,日本是過國曆

雖然都是7月7號

但是可能永遠也見不了面

另外,看到小學一年級的女兒願望之一是成為大富翁

果然是留著她爸爸的血液(笑)

記得看過台灣的藝人說過自己的願望是賺大錢

日本的藝人也許心理也這麼想

但絕對不會在電視上公開從嘴巴裏蹦出類似的字眼

所以從一年級的女兒聽到這樣的願望

還真不知道該說些什麼...



創作者介紹

東京在地的 日本代購 日本代標 日本代買(買い物代行)

rimiya 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(0) 人氣()